最新情報

乳がんにかかりやすい人 がん保険

投稿日:

女性は男性より約1.3倍ほど病気にかかりやすいというデータがあります。
女性はホルモンの影響による女性特有の病気があります。なかでも最近よく耳にするのが「乳がん」です。
乳がんは遺伝する病気ではありませんが、乳がんに関連する遺伝子を持つ人はかかりやすくなります。

乳がんが発症したり、大きくなることに、女性ホルモンであるエストロゲンが関係しています。エストロゲンは月経の終わり頃から排卵前にかけて多く分泌されます。エストロゲンにさらされる期間が長い人ほどかかりやすくなります。
初潮年齢が早い、閉経が遅い方、あるいは初産年齢が遅い、出産経験がない方は、エストロゲンにさらされる期間が長くなるのでそれだけで乳がんにかかりやすいといえます。

毎年5~6万人がかかっています

日本では、乳がんにかかる女性が年々増えており、今では年間約5~6万人の女性がかかると推定されています。

乳がんの予防

乳がんにならない生活方法は残念ながらありませんが、しかし胃がん、肺がん、大腸がんなどの他のがんが食生活の欧米化によってかかる割合が増えているのと同様に、乳がんも食生活の変化によってその危険が増すといえます。
・脂肪の多い食事を避ける
・飲酒は少量(日本酒で1合くらい)
・豆腐や納豆などの大豆系の食品を取る
・緑黄色野菜を取る
など毎日の食生活に注意しましょう。
「喫煙」と「乳がん」の因果関係は不明ですが、健康維持の点からも喫煙は避けたほうが良いでしょう。
また、カロリーオバーを避け、日ごろから適度の運動を心がけるにも大切です。

がん保険の準備も忘れずに!

乳がんに限らずすべてのがんで見てみるとおおよそ2人に1人が一生のうちにがんと診断される時代です。

がんの治療にはお金がかかり、治療費以外の出費もかさむこともあります。
・病院までの交通費
・入院時の日用品
・差額ベット代
・ウイッグ
・健康食品など。

安心して治療に専念できる環境づくりに「がん保険」の存在はとても重要です。
がんと診断されてから入院・手術・退院時・通院等の保障をしっかり準備しておくことで金銭的な負担の軽減が図れます。
この機会に是非がん保険の準備をしてみませんか?
新規でご検討の方も、ずいぶん前に加入していて、保障内容がどうなっているか分からない方もお気軽にご相談下さい。
保険のプロ、ファイナンシャルプランナーがしっかり対応させていただきます。

ご相談はコチラから! ↓↓
問い合わせ画像 PNG

-最新情報

Copyright© 株式会社ウイットライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.